FC2ブログ

棟板金工事 in 西東京市

今週は雨模様で現場作業が全く捗りません。
見積や請求関係の事務作業には時間がとれてよいのですがなんといっても現場作業ありきの仕事、お天道様に左右されまくりなので中々上手にバランスをとらせてもらえません・・・。
それならば時間のあるときに更新しなければなりませんね!!

今回は西東京市での棟板金工事です。
築20数年経過しており一度も手を入れていないとの事。他業者に棟の浮きを指摘されお問合せをいただきました。実際は全く問題がないのに営業トークで工事を持ちかける場合がほとんどなのですが今回はしっかりと浮いておりました(汗
棟板金の浮きは固定下地に使用される「」と呼ばれる材木の劣化(腐敗)によるものです。よく台風などで屋根が飛んだとお問合せをいただくものの多くがこの棟板金です。
棟板金を固定する為の木材が原因なので当然この木材を交換する事が工事の前提となります。築年数の浅い場合や軒先部のみの飛散でしたらそのまま棟板金のみ新規取り付けも考慮しますが、築10年以上経過している建物においては今後も考え「」からの交換を提案しております。

それでは早速施工前の画像から。
施工前01

まずは既存「」木材を撤去します。
既存撤去01

今回は天候が不安定でしたので急な雨でも大丈夫なように気密防水テープを施工しました。
気密防水テープ01

そして新規に「」木材施工です。
この「」木材が今回の工事の肝となる部分です。
貫施工01

最後に棟板金を納めて完成となります。
棟仕上げ01

今回は換気棟がついておりましたのでワンサイズ大きい換気棟を取り付けさせていただきました。当社では既存棟板金よりも一段高くなる箱型のカクダイ製を使用しています。平型に比べコストは少し高くなりますが換気効率と雨水の排水性に優れていますのでこちらの製品をお薦めしています。
また、今回のような棟板金工事の際によく屋根の塗装もと言われるのですが、築20年以上経過しているコロニアル屋根は正直お薦めしておりません。最近は少なくなりましたが塗装によるトラブルが多いからです。タスペーサーと呼ばれる部材や縁切り等をしっかり行わなければ雨漏りの原因になりかねない為です。これはコロニアルの仕様や施工方法に起因するものであり、この件についてはまた別の機会にご紹介できればと思います。


今回ご依頼いただいた施主様はほとんど更新されていないこのブログを見てお問合せをしてくださったそうでやはり日々の情報発信は大切だと痛感しました。
工事内容が少しでもわかりやすくお伝えできればご依頼くださる施主様の不安の解消にもつながりますからね。
今日から早速頑張ります!!



屋根の雨漏り(あまもり)修理
外壁工事、雨樋工事ならおまかせください!

宮本工業有限会社

TEL :042-461-2251
http://mk-sheetmetal.com

コメント

コメントを残す

Secret